スポンサーリンク

自作ミニチュア制作手順2-2:薙刀の作成

ミニチュア制作手順

次回予告ではキャラクターモデリングをすると言ったな、あれは半分嘘だ。
もう少し無機物の制作に付き合ってもらう。
手順2-1で説明済みの操作は簡単に流します。

まずは「基本図形」から直方体アイコンを選んで以下の値を入力して「作成」をクリックしてください。

こんな感じに土台に棒が刺さったはずです。

オブジェクトの名前は”薙刀”に変えておきましょう。
加えて「曲面制御」の中の「OpenSubdiv」を選んで「OK」をクリックしてください。

棒が針のような形に変わりましたね。
これがオブジェクトの「曲面化」で、作成したオブジェクトの内面に沿った滑らかな立体情報を生成します。
曲面化のパターンはいくつかありますが、当面は今回と同じ「OpenSubdiv」を選んでおけば良いです。
私は基本的に「OpenSubdiv」しか使っていません。

続いて「選択」ボタンか[S]キーを押して選択機能を選び、新しく出てきた「選択」ウィンドウから「通常」を選びます。

棒の上面(黄色部分)をクリックして選択状態にします。
(小さくてクリックしにくい場合はマウスホイールで拡大しましょう)

上面が選択状態になったら、「Ctrl」+「E」キーを押して「押し出し」操作を行います。
(画面左に「押出」ボタンもありますが非常によく使うのでショートカットキーを覚えてください)
「面の押し出し」というウィンドが出るので「押し出し量」を”1”に変更、「押し出しでできた側面も選択」のチェックを外して「OK」を押してください。

針の上部分が平になりましたね。

先端を拡大すると先端はこんな形になっています。
「押し出し」操作で上面が”1”座標分だけ押し出された(付けたされた)たということです。
とりあえず「曲面化」はオブジェクトの線が細かく入っている部分ほどオブジェクトの内面に近づくということを覚えておいてください。この線の入れ方で局面のコントロールをしていきます。

上面と同じく下面にも押し出し量”1”で押し出し処理をしてください。コマのような形になるはずです。
(下面を選択するときは右ドラッグで下面が見やすい視点に変えましょう)

再び上面を選択して今度は押し出し量を”10”、”1”、”25”、”25”、”35”、”15”と6回押し出し処理をしてください。
下図のような形ができるはずです。

選択ウィンドウから「ベルト」を選んでください。

下図矢印部分の縦線にマウスを近づけると帯状に面が黄色くなるのでクリックして選択状態(線画緑色になる)にしてください。

帯状に4つの面が選択されたら、押し出し量”2”で押し出し操作をしてください。
コブ状の形ができましたね、これが薙刀の刃と柄をつなぐ留め具的な部分になります。

次は「F2」キーを押してください。
真正面からの視点にカメラが切り替わります。
(z座標プラス側からz座標マイナス側を見る視点)

選択を「通常」に切り替えて「Shift」キーを押しながら下図の①~④をクリックして、複数の面を同時選択します。
選択できたら、押し出し量”15”で押し出し操作をしてください。
(選択するときはマウスホイールの拡大とホイールドラッグの平行移動でカメラを近づけましょう)

押し出し後に右ドラッグで視点を動かすとこんな感じ。

押し出し直後は押し出された面が選択状態になっているので、そのまま「Q」キーで拡大機能を使います。
出現した「拡大」ウィンドの「詳細設定」をクリックして表示項目を増やし、「サイズ」のラジオボタンを選んだあと「x」の値を”20”から”2”に変更して、「OK」をクリックしてください。

この部分が薙刀の刃です。

続いて下図黄色部分をクリック選択して「拡大」ウィンドから「x」の値を”2”に変更して「OK」

こんな感じになります。

「F3」キーで視点を変えて赤線のように上面をドラッグ選択して、拡大ウインドから「z」の値を”18”に変更して「OK」
(実は「範囲」操作に切り換えなくても開始地点が閉経部分ならドラッグによるオブジェクト選択が可能です)

左の「移動」ボタンか「V」キーで「移動」機能を選択し、「移動」ウインドから「z」の値を”-15”に変更して「OK」

先端の反りができて薙刀の形は完成です。

それでは色を塗りましょう。
右下の「材質」パネルから「新規」を選択して材質「刃」、「留め金」、「柄」を追加しましょう。(色は自由に変えてもOKです)

「材質」から「刃」を選択、オブジェクトの刃部分を選択、メニューの「選択部処理」⇒「面に現在の材質を指定」で色が塗れます。

付け根の小さい部分も忘れず選択して塗りましょう。
「選択」機能の「ベルト」も使ってみましょう。

同様に留め金部分と

柄の部分も塗ります。
塗り終わったら拡大・縮小・カメラ移動で見まわして塗り残しがないか確認しましょう。

最後に右手で持たせる位置まで動かします。
右上の「オブジェクト」パネルから「薙刀」をクリックで選択(緑になる)、
左の「ローカル」ボタンか「L」キーでローカル機能を選択し、
「ローカル」ウィンドの「詳細設定」をクリックして表示項目を増やし、
「位置」の「x」を”-79”、「y」を”241”、「z」を”46”に変更して、
「適用」をクリックしてください。

これで薙刀も完成です。
土台と同じく完成したオブジェクトは「編集禁止」設定にしておきましょう。
あと次のオブジェクトを作るときに邪魔になる場合があるので、必要に応じて「非表示」設定も行いましょう。

次回は草履と足です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました