スポンサーリンク

自作ミニチュア制作手順2-3:草履と足の作成

ミニチュア制作手順

やっとキャラクター部分に入ります。
ここまでくれば大体操作も慣れてきたと思いますので、新しい操作以外は簡単に説明します。

まずは草履ですが、今回は「材質」を先に作りましょう。

そして基本図形で直方体オブジェクトを作成。

オブジェクトの名前を”草履”に変えて「曲面化」と「ミラーリング」から「左右に分離した鏡面」を選びましょう。
左右対称(yz平面の面対称)の位置に「鏡面オブジェクト」を表示することができます。
この鏡面オブジェクトは実体化させるまで選択も編集もできません。

上面と下面を押し出し量”1”で押し出し
(下面を選択するときは土台オブジェクトを非表示化しましょう)
草履(の底)はこれで完成なのでオブジェクトの「編集禁止」設定をしてください。

次は足袋を作ります。
まずは材質から。

そして「基本図形」から直方体を作成。

草履と同じくオブジェクトの名前を”足袋”に変えて、「OpenSubdiv」で曲面化、「左右を分離した鏡面」。

ここで「ナイフ」という新しい操作を使います。
左の「ナイフ」ボタンか「K」キーで「ナイフ」機能を選択し、「ナイフ」ウィンドから「連続切断」を選びます。

「Shift」キーを押しながら赤丸部分の線をクリックしてください。
(「Shift」キーには線の中央をスナップ選択する(半分に分割する)効果があります)

中央に線が追加されて曲面オブジェクトが線に引っ張られるように変形したはずです。
「連続切断」は線を指定して、その線に接している「四角形の面」を「四角形の面」が続く限りオブジェクトの端まで線を追加する、という機能です。
(言葉でいうと分かりにくいですがやってみればわかりやすいはずです)

同様に「Shift」キーを押しながら赤丸部分3か所の線をクリックしてさらに分割(線を追加)します。

下図のように8分割になったはずです。

「F1」キーで視点を上からに変えて、左の「ベベル」ボタン(なぜかショートカットキーがない)で機能選択し、青四角部分をドラッグ選択してください。
中央の線が選択状態になったら、「ベベル」ウィンドの「長さ」に”2.5”を入力して「OK」をクリック。

「ベベル」は「線を2本に分ける」という機能です。
別れた線の間隔は指定した「長さ」の2倍になります。

もう一度「ナイフ」の「連続切断」機能で分割した線の間をさらに半分に分割します、
(Shiftクリックで中央選択)

こんな感じ

「移動」機能で中央の線3本を、「x」を”-2.5”で移動。

中央の線が左に寄ります。

「移動」機能のまま下図青枠3か所を「z」を”-5”で移動。
(Shiftキーを押しながらドラッグしていくと追加選択)

右の青四角部分を「x」”-2.5”、左の青四角部分は「x」”2.5”で移動。
(要するに両側を中央に2.5だけ寄せる)

つま先部分が大体できました。

次は「拡大」機能でかかと部分を選択し、「サイズ」指定で「x」を”10”に縮小します。

これでかかとも大体できました。

次に足首部分を作ります。
「F3」キーで右から視点に変えたら、赤枠部分を選択して、押し出し”5”

押し出された面を改めて選択して、「拡大」機能で「サイズ」指定「x」”20”、「z」”20”

さらに押し出し”20”

ここから微調整です。

青丸部分の縦線を選択して、「移動」機能で「z」”-5”

青枠の足首付け根部分2面を選択し、「移動」機能で「y」”5”

これで足袋も完成です。
忘れず「編集禁止」設定をしておきましょう。

もう一息です、鼻緒を作りましょう。
「足袋」のオブジェクトはいったん非表示化します。
まずは材質。

「基本図形」から下図の通りの直方体を作成。

オブジェクト設定から、オブジェクト名を「鼻緒1」、「OpenSubdiv」で曲面化、「左右を分離した鏡面」。

「F3」キーで右視点にして、青枠部分を選択して、押し出し”3”

今度は青枠部分の上面を選択して、同じく押し出し”3”

改めて上面を選択して、「移動」機能で「z」”-3”

「鼻緒1」はこれで完成。
「編集禁止」設定をします。

次でこの手順最後のオブジェクトです。
「鼻緒1」も「非表示化」しておきましょう。
「材質」は「鼻緒」のままで良いです。

「基本図形」から下図の通りの直方体を作成。

オブジェクト設定から、オブジェクト名を「鼻緒2」、「OpenSubdiv」で曲面化、「左右を分離した鏡面」。

最後のオブジェクトになって新機能です。
「回転」ボタンか「C」キーで「回転」機能を選択して、「回転」ウィンドから「Y軸」を選択し、”45”を入力して「OK」をクリック。

y軸で45度回転します。

次に上面を選択して押し出し”3”(下図は押出操作後)

「F1」キーで上から視点にして、青枠を参考に左上の面だけを選択し、押し出し量”5”、”10”で2回押し出し。
(「押し出してできた側面も選択」はチェックを外しておきましょう)

押し出し後の状態

青枠を参考にして左にはみ出している部分を範囲選択して、「x」”4”、「z」”3”で移動。

改めて左側の端を範囲選択して、「y」”-5”で移動。

こんな感じになります。

今度は最初の分割部分の右上を範囲選択して、押し出し量”1”、”15”、”7”と3回押し出し。

左側と同じように右のはみだし部分を範囲選択して、「x」”-3”、「z」”3”で移動。

改めて右側の端を範囲選択して、「y」”-5”で移動。

移動後はこんな感じ。

だいぶ長くなりましたが、これでモデリング作業は完了です。
「鼻緒2」を「編集禁止」にして「足袋」と「鼻緒1」の非表示化を解除してみましょう。

だいぶキャラクターミニチュア感が出てきたのではないでしょうか。
次回は袴です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました