スポンサーリンク

自作ミニチュア制作手順2-5:上着の作成

ミニチュア制作手順

ここまでで進捗的には大体3割程度でしょうか。
機能自体はここまでで大体使ってきてい慣れているでしょうから、そんなに難しくないはずです。

今回もまずは「材質」

「基本図形」で直方体
(今回は「x」と「y」の分割数を”2”にしています)

「オブジェクト設定」

下面を選択して、押し出し”1”。

「F2」視点で左面の上側を範囲選択して、押し出し”1”。

続けてもう一度押し出し”10”。

選択範囲はそのまま「回転(C)」の「Y軸」で”20”度。

選択範囲はそのまま押し出し”60”。

まだまだ選択範囲は維持して、「回転(C)」の「Y軸」で”60”度。

さらに「移動(V)」で「x」”30”,「z」”10”。

押し出し”30”。

「回転(C)」の「Y軸」で”10”度。

「拡大(Q)」操作で「サイズ」指定「x」”30”に拡大(縮小)。

「F1」視点に切り換えて、青枠部分を選択して、「拡大(Q)」操作で「サイズ」指定「x」”30”に拡大(縮小)。

「F2」視点で下図赤枠を範囲選択して、押し出し”70”

下側からの視点に変えて、赤丸部分を選択して、「拡大(Q)」の「詳細設定」を閉じて”0.2″に拡大(縮小)

1個奥の線に選択場所を変えて「拡大(Q)」で”0.2”
(クリック選択して「Enter」キーでOK)

袖下部分の残りの線2本も同じく”0.2”倍に縮小してください。
結果は下図参照。

「選択(S)」の「連続辺」で赤丸部分をクリックして袖の周りを1周範囲選択。

選択したら「移動(V)」で「y」”-20”。

袖の先端を範囲選択して、押し出し”1”

(ここからちょっと特殊なことをします)
選択範囲はそのままで、再度押し出し量”0”で押し出し。

選択範囲はそのままで、「拡大(Q)」の「詳細設定」で「x」”15”、「z」”80”に拡大(縮小)

袖の先がこんな感じになります。
(操作ミスったら「Ctrl+Z」で操作を戻しましょう)

選択範囲はそのままで、押し出し”-10”。

(袖口ができたところで今日はここまで)

袖口の奥を選択したままでコピー(「Ctrl+C」)、貼り付け(「Ctrl+V」)
新しいオブジェクトが作成されます

ここでいったん「服」オブジェクトを「編集禁止」に設定して、押し出し”15”。
(ここから「服」オブジェクトを「非表示」化して作業すると何やってるかわかりやすいかも)

「拡大(Q)」で「サイズ」指定の「x」”30”、「y」”100”で拡大。

再び押し出し”0”。

「拡大(Q)」で「サイズ」指定の「x」”10”、「y」”70”で拡大(縮小)。

押し出し”-10”

(ここで新機能)
「穴埋め」ボタン(ショートカットなし)で「穴埋め」ウインドから「すべての穴を埋める」をクリック。

オブジェクト設定で名前を「内袖(右)」に変えて、曲面化。

「移動(V)」で赤枠部分を範囲選択して「z」”-5”。

右袖最後の作業が色塗りです。
まずは材質。

内袖全体を範囲選択して、「メニュー」の「選択部処理」⇒「面に現在の材質を指定」。

「内袖(右)」オブジェクトは「編集禁止」して「服」オブジェクトは「編集禁止」を解除してください。

左肩になる下図黄色部分を選択して、押し出し”1”

続けて押し出し”20”

押し出しでできた面の下辺を選択して、「移動(V)」で「x」”10”の移動

下から見上げる視点で黄色部分を選択して、押し出し”80”

背中側から袖の後ろ部分を選択して、押し出し”40”

「F2」視点で左手の袖口部分を範囲選択して、押し出し”1”

左袖の後ろ面を範囲選択して、「拡大(Q)」の「サイズ」指定で「x」”6”に拡大(縮小)

下からの視点にして、左袖口の2面を選択(Shiftキー押しながら追加クリック)して、押し出し”0”
(右袖でやった袖口作りです)

「拡大(Q)」で「x」”15,「z」”70”

押し出し”-10”

袖口の奥を選択したままでコピー(「Ctrl+C」)、貼り付け(「Ctrl+V」)
新しいオブジェクトが作成されます

いったん「服」オブジェクトを「編集禁止」に設定して、押し出し”15”。

「拡大(Q)」で「サイズ」指定の「x」”30”、「z」”90”で拡大。

再び押し出し”0”。

「拡大(Q)」で「サイズ」指定の「x」”10”、「z」”70”で拡大(縮小)。

押し出し”-10”

「穴埋め」で「すべての穴を埋める」をクリック。

右袖と同じく「穴埋め」ボタン(ショートカットなし)で「穴埋め」ウインドから「すべての穴を埋める」をクリック。
オブジェクト設定で名前を「内袖(左)」に変えて、曲面化。

「移動(V)」で赤枠部分を範囲選択して「y」”5”。

「材質」ウィンドで「内袖」を選択してから、オブジェクト全体を範囲選択して、「メニュー」の「選択部処理」⇒「面に現在の材質を指定」。

「服」オブジェクトの「編集禁止」を解除して、「F3」視点で袖の後ろ部分を範囲選択して「移動(V)」「y」”-30”

「内袖(左)」オブジェクトを「編集禁止」してください。

かなり長くなってきたので1回記事を切ります。
次回は襟部分を作ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました