スポンサーリンク

自作ミニチュア制作手順3:3Dプリント依頼

ミニチュア制作手順

ようやく3Dプリント用のデータができたので、あとは3Dプリントサービス業者に送って出力依頼をすればミニチュアが送られてきます。

一口に3Dプリントサービスと言っても大量にありますが、我々のような「少量生産」、「フルカラー出力」といった条件だと一気に絞り込まれます。

結論から申し上げますと、個人レベルのミニチュア制作用途で初めて使うのであれば「DMM.make」がオススメです。
理由は次章で比較結果を示しますが、今回の出力依頼の方法は「DMM.make」の場合を説明します。
(他のサービスについてもいずれ書きます)

3Dプリントサービス比較

前述の通り数ある3Dプリントサービスから、「少量生産」、「フルカラー出力」といった条件で絞り込むと下記の4社が残ります。(価格は送料込み)

出力サービスフルカラー石膏フルカラー樹脂送料見積方法
DMM.make1678円3410円無料
(出力費用に含まれている)
専用フォーム
i.materialise-(非対応)1895円
(最小注文金額3800円)
3080円
(海外発送)
専用フォーム
ポプルス3Dプリント-(非対応)2750円以上
(個別見積もり)
1100円メール
東京リスマチック-(非対応)5600円以上
(個別見積もり)
金額記載なし
(出力費用とは別に発生)
メール

現在出回っている3Dプリンタの出力素材でフルカラー印刷ができるのは、大別すると「石膏粉末」と「樹脂」の2つです。
簡単に違いを説明すると、「石膏」は安いけど弱点が多い、「樹脂」は高いけど弱点が少ないです。
素材比較はまた専用で記事を書きますので、お待ちください。

素材値段表面強度最小厚み
石膏安いザラザラ・光沢なし弱い2mm程度
樹脂高いつるつる・光沢あり強い1mm程度

値段表を見ると「i.materialise」のフルカラー樹脂が安いように見えますが、最小注文金額が3800円で送料もかかるので、少量では高くなります。
このため1体出力であれば「DMM.make」が「石膏」、「樹脂」ともに最安になります。

DMM.makeアカウントの登録

DMM.makeの3Dプリントサービスを利用するにはDMMのアカウント登録が必要です。
(すでにDMMアカウントをお持ちの人はそのまま使えます)

DMM.make モノづくりのためのプラットフォーム
モノづくりしたい方の設計・製造・販売・技術導入をサポートするプラットフォームです。3Dプリントの注文・販売マーケットプレイス・オリジナルスマホケース作成・モノづくり専門ブログなどのサービスや、秋葉原のコワーキングスペースで“作る”を支援します。

「3Dモデルをアップロード」ボタンをクリックすると「利用登録」画面に飛ぶので、「無料会員登録はこちら」をクリックして、ユーザ登録をしてください。
(メールアドレスでの登録以外にGoogle,twitter,Facebookのアカウント連動でも使えます)

(私がドハマりしてミニチュア制作鍛冶めるきっかけになった「千年戦争アイギス」というタワーディフェンスゲームもDMMでプレイできるので、ついでにお試しプレイしてもらえると嬉しいです。アドブロックとか入れてると表示されません。)

3Dデータの登録

DMMの会員登録をしてログインしたら、改めて「3Dモデルをアップロード」ボタンをクリックしてください。

DMM.make モノづくりのためのプラットフォーム
モノづくりしたい方の設計・製造・販売・技術導入をサポートするプラットフォームです。3Dプリントの注文・販売マーケットプレイス・オリジナルスマホケース作成・モノづくり専門ブログなどのサービスや、秋葉原のコワーキングスペースで“作る”を支援します。

3Dデータアップロード画面に移動するので「3Dデータをアップロード」ボタンをクリックしてください。

ファイルの選択ダイアログが開くので、作成したZIPファイルを開いてください。

データのカテゴリ選択を促されるので「フィギュア」を選んでください。

「アップロードが完了しました」と表示されるので、「マイ3Dデータ」をクリックしてください。

登録したデータが「チェック中」というステータスで表示されるはずです。
これまでの経験上ではデータを登録した翌営業日の午前中までにはチェック結果がメールで通知され、「マイ3Dデータ」の状態も更新されます。

データチェックが終わるとステータスが「造形可能」になりますので、「注文に進む」ボタンをクリックしてください。

注文画面に進みますので、「大分類を選択してください」をクリックしてください。

前述の素材の特徴を参考にして、「石膏」か「フルカラープラスチック」を選択してください。
「マルチマテリアル」はまだ試したことないので、今度試してみようと思います。

「注文する」をクリックすると、カートに入るので、「バスケットで商品を確認する」をクリックして、決済に移ります。

素材と値段を確認して「購入手続きに進む」をクリックしてください。
(「エクスプレスサービス」は利用しなくても、届くまでに1週間以上かかったことはないので、通常は不要です)

送り先の住所を登録して、「お支払方法の選択へ」をクリックしてください。

最後に支払方法を選択して、「注文を確定する」をクリックすれば注文完了です。
あとは1週間程度でミニチュアが送られてきます。

これで一通りの制作工程が説明できたので、次回からはもっと凝ったパーツ・装飾のモデリングについても説明していこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました